美容整形の値段につい

美容整形の値段についてです。一週間、お仕事がんばりました。そんな私にちょっぴりご褒美! 「今日は」ダイエットも忘れて思いっきり食べよう! ・・・と、お寿司を堪能し、ビールも飲んで、デザートは、最近話題のケーキさんへ・・・。ところがその「今日」は、いつの間にか・・・「今日は、ストレスがたまったから」「今日は、いいことがあったから」「今日は、〜さんのお誕生日だから」と、名目を変えて、ついつい毎日、毎週、なんてことになってしまうものです。でも、気づいたら、おなか周りがぽっこり! 何てことになっていませんか?その「脂肪」はいったいおいくらなのでしょう?美容整形でおなかを引っ込める方法のひとつに、脂肪吸引という施術法があります。ちなみに、腹部の脂肪をあくまで一部分、ポイントだけを脂肪吸引しただけで、その価格は\20,000〜\500,000に上るといわれています。では、腹部全体では? あくまで目安ですが、\300,000〜\900,000です。実際には、脂肪は何もおなかだけにつくとは限りません。おなかがぽっこりしている頃には、間違いなく、太ももも、お尻も、腰も、二の腕も・・・あごは二重になってたり・・・。太もも全体で、\45,000〜\90,000。お尻周辺で、\35,000〜\600,000。二の腕は、\120,000〜\550,000。あごだって馬鹿になりません。\100,000〜\25,000 といわれます。ただし、これはあくまで目安のお話です。実際は、これよりももっと高いかもしれませんし、ぐんとお安くお値打ちにできるかもしれません。でも、いずれにしても安いお買い物ではないはずです。美しくなりたい、魅力的になりたい、そう思うのは自然なことですし、誰にでもある正直な気持ちでしょう。でも、経済的な面だけをみても決して気楽に飛びつけるものではない・・・というのが、実情のようです。これに、健康的、精神的な安全性も加味したら、もっともっと慎重に考えるべきなのかもしれません。自分は何のために、どのように美しくなりたいのか、自分自身の気持ちをしっかりと見つめ、それを実現させるための手段の一つとして納得したうえで美容整形を選びたいものですね。

「キレイになりたい!」そうそう、誰でもキレイになりたいものです。でも、「キレイ」って? ある美容整形外科では、事前のカウンセリングで、理想の顔部分の芸能人などの写真を持ってきてもらい、それを元に話を具体化していくといいます。ある新聞に掲載された、愛される芸能人女性部位別ランキングでは次のような結果が出ていました。いずれも2006年のものです。目は1位が蝦原友里 2位が矢田亜希子 3位が柴崎コウ。意思のある力強い目が特徴的です。鼻は1位が伊東美咲 2位が松島菜々子 3位が宮沢りえ。鼻筋がす〜っと通った、整った鼻です。高さはそれほどでもなくても顔全体との調和が取れているようです。かわいい系よりも端正な美人系ということでしょうか。口は1位が井上和香 2位がアンジェリーナ・ジュリー 3位が石原さとみ。ぷくんとしたふっくら系の唇が人気なのでしょう。ボリューム感があって、セクシーさと健康的イメージがある唇は、魅力的な口元を作るのでしょう。女性だけでなく、男性のランキングも発表されています。目は1位が木村拓也 2位は岡田准一 3位は玉木宏 だそうです。鼻は1位が岡田准一 2位は亀梨和也 3位はペ・ヨンジュンが登場です。口は1位が滝沢秀明 2位はオダギリ・ジョー 3位は妻夫木聡。清涼感のある、端正な顔立ち!ということでしょうか。とはいえ、「美の定義」は流動的なものです。でも流行が変わったからといって、そのたびに美容整形手術を受けていたらキリがありませんよね。自分なりの美の意識、定義をしっかりもって臨まないと、何を目指していたのかわからなくなってしまうかも!?

美容整形の誇大広告についてです。最近話題の美容整形。巷のうわさでは思っていたよりも気軽に受けられそうです。宣伝広告が溢れるなか、いったいどこのクリニックを、どのようにして選んだらいいのでしょうか?美容整形を行っているクリニック、病院をどのようにして探しますか?というアンケート調査による上位3位は、1位 雑誌やテレビの広告 2位 インターネット検索 3位 掲示板などの口コミ という結果になっています。1位にあがっている「雑誌・テレビ広告」ですが、実際、言うまでもないことですが、広告の発信元は、そのクリニック自身です。つまり、悪い点は宣伝しない、ということを踏まえたうえで宣伝内容を受け止める必要があるということです。日本には現在、「日本美容科学会」という同名の団体が2つ存在し、美容外科の看板をあげている医師はほぼいずれかの学会に所属しています。一方は、開業医を中心とする日本美容科学学会(JSAS)、もう1つは日本形成外科学会会員を主体とする日本美容外科学会(JSAPS)です。両者の主義主張は異なり、それぞれ独自の認定医療施設制度を設けるなど、実際、美容整形手術を希望する人たちにとって混乱の原因となっています。しかも恐ろしい?のは、美容クリニックに指導医制度がないということです。調査では、アルバイトの医師や経験が未熟な医師が治療にあたっているケースが多いといいます。これがトラブルの温床となっているといえるでしょう。次のような広告は要注意です。*「芸能人ご用達」、「〜芸能プロダクション提携」・・・優良な技術の保証ではありません。*「完全無痛」「○○式手術」・・・誇大広告を疑うべきでしょう。*「全国チェーン」「手術数○万件」・・・カウンセリングを行う医師と執刀医が異なるケースが多発しています。手術は成功ばかりではないはずです。リスクもしっかりと公表しているところこそ、信頼できるのではないでしょうか。*「アフターケアは万全です!」・・・具体的に何をどのようにしてくれるのか、明確にしておくべきです。すぐに戻ってしまった、イメージと違っていた、というケースが多くあります。*「カウンセリング無料!」・・・タダほど恐ろしいものはありません。カウンセリングだけのつもりが、あれよあれよと言う間に手術契約をかわされていた、というケースもあります。一箇所のカウンセリングで即断するのではなく、複数のクリニックでセカンドオピニオンを得て、納得した上で施術に臨んでください。

若い頃、夏の浜辺でこんがり日焼けを楽しんだがために、後々シミやソバカスに悩まされ、後悔することに・・・男女を問わず、そんな人が多いのでは?シミ・ソバカスの原因として、「老人性色素斑」と「肝斑」が挙げられます。「老人性色素斑」は、太陽光線に含まれる紫外線に長年にわたって当たることが原因で肌の中にメラニン色素が蓄積し、それが歳と共に、シミやソバカスとして表面に出現したものです。男女を問わず、誰にでもできます。老化現象といってもよいでしょう。「肝斑」は、ホルモンに関係します。中高年以降の女性や妊婦に多く、ホルモン分泌のバランスの崩れが原因です。特に頬やまぶたなど、左右対称にできることが特徴です。美容整形では、シミ・ソバカスに対する治療のひとつとして「レーザー治療」があります。皮下のシミを熱破壊することによって、シミやそばかすを除去、または薄くするのです。破壊された組織は古い角質といっしょに剥がれ落ちます。術後は1週間ほどかさぶたになりますが、範囲が狭い場合はほとんど気になりません。痛みもさほどなく、シミであれば通常1〜2回、ソバカスはたいてい1回のみで消えてしまいます。ただし、すべてのシミ・ソバカスにてきめんに効果がある、とは言えず、レーザー治療後、2〜3週間で戻ってしまうこともあります。それででも、徐々に薄くなり、ゼロとは言わないまでも、かなり目立たなくなることは期待できそうです。ただし、美容整形はあくまで最後の切り札! まず、できないようにするために、規則正しい食生活と睡眠、日焼け対策を心がけたいものです。


RSS関連リンク
コラーゲン♪
、薬味をプラスして味を変化することも!私は『デトックス』セットで、たたき梅、柚子胡椒、大根おろし。友達は『アンチエイジング』のセットで、紅しょうが、明太子、バター!お互いに試した結果ヽ(´▽`)/どれもピッタリ合うんですよね! たっぷり

大好評です♪
販売がすでに始まったようで、今年もあとわずか なのだなあと実感致します さて、10月中にキャンペーンを行なっていました 「ウルトラアンチエイジング カスタマイズドフェイシャル」 ですが、大変ご好評をいただいたため、キャンペーンを 11月末まで延長することになりました まだ受け

ピクノジェノールのサプリメント
酸化サプリ,6,800円,6,800円?,http://arekao.jp/catalog_images/44/44644_200x200.jpg,,supplement} アンチエイジングを必要とする私にはナイスな成分 とりあえず、1瓶のみ終えましたが 確かに出来たてのシミ・ソバカスは薄くなってきているような

ボトックスを始める時期は?
ます。下記の症状を認める場合は、治療の適応が考慮されます。診察の上、治療による効果が...ボトックス注射 ボトックス注入はアンチエイジングの肌のしわ・たるみ治療に効果的とされています。加齢とともに肌の皮下脂肪も減ってしまいます。そうすると、余分

歯もアンチエイジング
先日、食事中に詰め物が取れてしまって翌々日、歯科院へ。治療してから結構年数が経っていたのでつなぎ目から細菌が入り虫歯にもなってしまっていて。。型を取りセラミックでお願いして来ました。30代後半の頃から歯の大切さにも関心を

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。