美容整形をぐんと身近なものにし

美容整形をぐんと身近なものにしたボトックス法ですが、これはHIVなどの感染症のチェックを受け、すべて管理された状態で生成されたものでなくてはなりません。日本で唯一厚生省から認可されているのは、アエアガン社のA型ボツリヌス菌製剤(商標名:ボトックス)のみです。ところが、最近、アラガン社のボトックスを使用していると宣伝しながらも、中国製のBTXAを使用している美容整形機関が数多く存在しているのです。どんなに身近になったとしても、医療行為である以上、安全性が第1です。「ちょっと」キレイになりたかった・・・そんな「ちょっと」が悲しい結果を招かないためにも信頼のおける機関を選ぶことが重要です。

美しい瞳は、老若男女を問わず、見る人の誰をも魅了する、いちばんのチャームポイントです。そのため、自分の目にコンプレックスを抱いている人も多いのでは?一重まぶた、奥二重、腫れぼったい一重、または左右ちぐはぐ、などなど。もし自分のイメージ通りの瞳を手に入れられたら・・・そんな夢を実現してくれるかもしれないのが、美容整形。実際、美容整形で「どこを変えたい?」と聞かれて、いちばん相談が多いのが目に関することだそうです。「私の目を何とかして!」という、女性たちの声が聞こえてきそうです。でも、実際、「手術」と言われると、どうしても不安がありますよね。「本当に希望通りになるのかしら?」「もし失敗したら?」「どんな方法があるのかしら?」特に目は微妙な器官ですから、視力に影響が出ないかも心配です。

魅力的な胸は、女性らしさの象徴ともいえます。でも、出産、子育て、そして加齢・・・と、女性のライフサイクルのなかで、これほど悲しい変化を免れない部分はないでしょう。胸の悩みは、その豊かさだけではありません。大きさが左右で揃っていない。垂れ下がっている。乳首や乳輪の黒ずみ・・・など、何らかの悩みを抱えている人は多いのでは?美容整形は、そんな女性の救世主となってくれるのでしょうか?従来の豊胸術は、ワキの下を数センチ切開し、医療用の豊胸バッグを挿入する方法が主にとられていました。見た目も感触も自然で、豊胸術の主体を占めます。でも、メスを使うのはちょっと・・・と、不安な方には、SUB-Q(サブ・キュー)挿入法がお勧めかもしれません。ヒアルロン酸を注射器で注入する方法です。これなら、注入する位置や量によって自分の好みのバストに仕上げられます。乳腺を傷つけることもないので、妊娠や授乳への影響も心配ありません。注入時間も10分〜20分です。しかし、気軽に受けられる反面、医療バッグを挿入する方法と異なり、注入したヒアルロン酸は1〜2年で体内に吸収してしまうため、効果は永久とはいきません。

日本の美容整形では、脱毛の処理によって腋に汗などの皮膚分泌物が多量に保存されるのを防ぎ、汗の分解量を軽減して腋臭臭を軽減させる方法がとられることがよくあります。また、手術によってアポクリン腺を切り取ってしまう方法も一般的です。いずれにしても、日本社会におけるワキガへの扱いは過酷であり、ワキガそのものを抹消してしまおうというものです。それに対し、西洋諸国では、香水文化が発達し、ワキガも含め、体臭をより効果的に演出しようとする発想があります。女性のみなさん、ご主人の、彼の、ワキガを魅力的と感じますか?それとも、いくら好きな人でもワキガは受け付けられない・・・でしょうか?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。